MOS BURGER MOS BURGER

メンバーとともに

メンバー(モスグループで働くすべての人)が、それぞれのライフステージでいきいきと働ける職場環境づくりや、価値観の多様性を柔軟に受け止められる人材の育成に取り組んでいます。

モスグループ人権方針

私たちは、すべての人の人権尊重を推進するため、性別、年齢、国籍、宗教、信条または社会的身分、障がいの有無などを理由に差別的な扱いや嫌がらせを行わないことを定め、私たち一人ひとりが人権尊重の取り組みを進めていきます。

  1. 適用範囲
    本方針は、モスグループで働くすべてのメンバーに適用します。また、モスグループの事業活動を支える取引先に対しても、本方針を支持し人権の尊重に努めていただくよう求めます。
  2. 人権尊重に関連した法令や規範の順守
    私たちは、事業活動を行う国・地域における法及び規制を遵守します。また国際的に宣言されている基本的人権を最大限に尊重するよう努めます。なお、本方針は国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づいて策定しています。また次の国際的な規範を支持し、尊重します。
    • ・国連「国際人権章典」
    • ・国際労働機関「労働における基本的原則及び権利に関する宣言」
  3. 事業活動を通じた人権尊重
    私たちは、持続可能な事業活動を行う企業として、以下の人権課題を重要な項目と認識しています。人権に対する負の影響が生じていると判明した場合は、是正に向けて適切な対応をとることで、人権尊重の責任を果たします。
    1. 差別
    2. ハラスメント
    3. 強制労働と児童労働
    4. 労働安全衛生
    5. 労働時間と賃金
  4. 労働基本権の尊重
    私たちは、結社の自由および労働者の団結権、団体交渉の権利など、労働基本権を尊重します。
  5. 教育・啓発
    私たちは、人権に対する正しい理解が事業活動に組み込まれ、効果的に実行されるよう、モスグループで働くすべてのメンバーに対し幅広い教育と啓発を行います。
  6. 救済
    私たちは、人権に対する負の影響を引き起こした、あるいはこれに関与したことが明らかになった場合、適切な手続きによってその救済に努めます。
  7. 対話と協議
    私たちは、自社の人権に対する潜在的および実際の影響を適切に把握し対応するために、関連するステークホルダーと対話と協議を行っていきます。
  8. 情報開示
    私たちは、本方針に基づく取り組みの状況と結果を、ウェブサイト等を通じて公開します。

多様な人材活躍のために

多様な働き方の推進

多様で柔軟な働き方を可能とする労働環境を目指し、さまざまな人事制度を設けています。仕事と家庭の両立支援のため、法定要件を上回る育児・介護支援制度を導入。メンバーが安心して出産・復帰に臨める環境があるため、育児休業からの復職率はほぼ100%で推移しており、取得する男性メンバーも増えてきました。2019年度に導入したテレワークは、メンバーのワーク・ライフ・バランスの実現にも貢献しています。
2020年度は「シンプルでわかりやすい仕組み」「頑張った人がフェアに評価される仕組み」の新人事制度を導入しました。今後も、さまざまなメンバーがいきいきと働ける環境を整えていきます。

障がい者雇用の促進

従来から本社・店舗において、障がいのあるメンバーを積極的に雇用してきました。さらに、障がい者雇用の拡大と安定を図るために、各人の特性や能力、適性にあった職場環境、職域開発、雇用条件を整備することを目的とした特例子会社「株式会社モスシャイン」を設立しました(2018年4月に特例子会社に認定)。
社内では、障がいのあるメンバーを「チャレンジメイト」と呼んでいます。2020年度は、コロナ禍における自宅待機期間に、テレワークの試みとしてチャレンジメイトが自宅で課題に取り組みました。出社再開後は、密を避けながら受託業務に対応できるよう、勤務時間を2グループに分ける新体制を整えました。また、WEBを利用した面接や研修、交流会を実施するなど、新たな試みにも前向きに挑戦しています。本社に限らず、モスグループ店舗やケーキ工房でも勤務しており、活躍の場を広げています。これからも、モスグループ全体でより一層の障がい者雇用を促進していきます。

ゆっくりレジの導入

モスバーガーでは、人手不足解消の対応を進めると同時に、テクノロジーを活用しながら、人ならではのあたたかみのある接客についての研究を続けています。
2020年7月に株式会社オリィ研究所と協力し、分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を活用した「ゆっくりレジ」をモスバーガー大崎店[東京都]で実験導入しました。難病などによって外出が困難な方がパイロットとなり、店頭に設置された「OriHime」を遠隔操作して、来店されたお客さまと会話をしながらゆっくりと注文を受け付けるものです。「ロボットを通して人間のあたたかみを感じられた」「ゆっくりと注文を考えることができた」とお客さまからも好評で、11月からは「OriHime」がフルセルフレジ横でご注文をサポートする「セルフレジアシスト」として、活動を進化させています。この取り組みを強化し、リモートでも参画できる業務環境を生み出すことで、社会貢献にもつなげていきます。

働きやすい職場づくりのために

オフィス改革の推進

「メンバーがいきいきと働ける、風通しの良い職場づくり」という中期経営計画のもと、社員のエンゲージメントの向上や多様な働き方への対応を目指し、かねてから「次世代オフィス」の構築を進めてきました。新型コロナウイルス感染症拡大の防止対策を行いながら、2020年7月にパイロットオフィスを設置しました。具体的には、フリーアドレスによる部門間のコミュニケーションの増加や、集中ブース・交流ブースを設置するなど、目的に応じたオフィス空間を設計しています。併せて、テレワークを推進する働き方に対応するため、従来紙により対面で行っていた契約書類の捺印申請などの電子化も行いました。今後も、メンバーの自律的な働き方を促すことを目指し、オフィス改革を進めていきます。

健康経営の推進

モスでは、健康経営を戦略的な施策の一つとして位置づけています。働くメンバーの健康を推進するために健康診断の受診はもちろん、2次検査の受診を促す活動にも取り組んでいます。また、保健師による「健康相談室」を毎月開設し、健康的な生活を送るための専門家によるアドバイスを行っています。禁煙外来治療については支援を実施し、一定の成果を上げています。2020年度はコロナ影響により働き方が大きく変化しましたが、以前から設置している外部委託によるメンタルケアの相談窓口の活用や、ストレスチェックの継続実施などの支援を行いました。さまざまな施策の継続により、メンバーの心と身体の健康に対する意識も着実に向上しています。
こうした取り組みが評価され、経済産業省と日本健康会議により、モス本社が「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました※。前年に引き続き2年連続となります。これからも、メンバーの健康に対する意識向上を目指して、各取り組みを進めていきます。

※ 健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

内部通報制度の運用

モスグループで働くメンバーが、違法行為や不正行為を発見した場合に通報する窓口として、内部通報制度「モスヘルプライン」を設けています。「モスヘルプライン」にはモスフードサービス本社内に設置している「内部窓口」と、契約弁護士事務所に設けられた「外部窓口」があります。

モスアカデミー

モスが永続的に発展していくために必要な「人材」の育成を強力に推進するため、モスバーガーチェーン全体の研修制度を体系化し、学び続ける企業風土の醸成を目指し、2015年に「モスアカデミー」を設立しました。モスアカデミーには大きく分けて、階層別研修(本部・直営店向けと加盟店向け)とモスゼミがあり、「モスの理念・歴史」「インナーコミュニケーションの強化」「成功事例」「業務標準化」などを学ぶことできます。最近では、店舗で活用できるWEBマニュアルや動画教育ツールも整備・充実させており、2020年度は店舗メンバー向けに「オンラインセミナー動画」の公開を開始しました。こういった人が育つ環境づくりの支援にも取り組んでいます。