MOS BURGER MOS BURGER

メンバーとともに

メンバー(モスグループで働くすべての人)が、それぞれのライフステージでいきいきと働ける職場環境づくりや、価値観の多様性を柔軟に受け止められる人材の育成に取り組んでいます。

モスグループ人権方針

私たちは、すべての人の人権尊重を推進するため、性別、年齢、国籍、宗教、信条または社会的身分、障がいの有無などを理由に差別的な扱いや嫌がらせを行わないことを定め、私たち一人ひとりが人権尊重の取り組みを進めていきます。

  1. 適用範囲
    本方針は、モスグループで働くすべてのメンバーに適用します。また、モスグループの事業活動を支える取引先に対しても、本方針を支持し人権の尊重に努めていただくよう求めます。
  2. 人権尊重に関連した法令や規範の順守
    私たちは、事業活動を行う国・地域における法及び規制を遵守します。また国際的に宣言されている基本的人権を最大限に尊重するよう努めます。なお、本方針は国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づいて策定しています。また次の国際的な規範を支持し、尊重します。
    • ・国連「国際人権章典」
    • ・国際労働機関「労働における基本的原則及び権利に関する宣言」
  3. 事業活動を通じた人権尊重
    私たちは、持続可能な事業活動を行う企業として、以下の人権課題を重要な項目と認識しています。人権に対する負の影響が生じていると判明した場合は、是正に向けて適切な対応をとることで、人権尊重の責任を果たします。
    1. 差別
    2. ハラスメント
    3. 強制労働と児童労働
    4. 労働安全衛生
    5. 労働時間と賃金
  4. 労働基本権の尊重
    私たちは、結社の自由および労働者の団結権、団体交渉の権利など、労働基本権を尊重します。
  5. 教育・啓発
    私たちは、人権に対する正しい理解が事業活動に組み込まれ、効果的に実行されるよう、モスグループで働くすべてのメンバーに対し幅広い教育と啓発を行います。
  6. 救済
    私たちは、人権に対する負の影響を引き起こした、あるいはこれに関与したことが明らかになった場合、適切な手続きによってその救済に努めます。
  7. 対話と協議
    私たちは、自社の人権に対する潜在的および実際の影響を適切に把握し対応するために、関連するステークホルダーと対話と協議を行っていきます。
  8. 情報開示
    私たちは、本方針に基づく取り組みの状況と結果を、ウェブサイト等を通じて公開します。

多様な人材活躍のために

育児・介護支援制度

仕事と家庭の両立や多様な働き方を支援するために、モス本社では法定要件を上回る育児・介護支援制度を導入しています。その結果、育児休業からの復職率や支援制度の利用率も高まっています。

障がい者雇用の促進

従来から本社・店舗において、障がいのあるメンバーを積極的に雇用してきました。さらに、障がい者雇用の拡大と安定を図るために、各人の特性や能力、適性にあった職場環境、職域開発、雇用条件を整備することを目的とした特例子会社「株式会社モスシャイン」を設立しました(2018年4月に特例子会社に認定)。
社内では、障がいのあるメンバーを「チャレンジメイト」と呼んでいます。チャレンジメイトは、郵便・宅配便の仕分けやパソコンへのデータ入力・集計など各部署の依頼に幅広く対応しており、現在の受託業務はグループ全体で200件超と活躍の場を広げています。
また、こうした株式会社モスシャインの活動全般を中心としたモス本社の取り組みが、東京都の「心のバリアフリー」サポート企業に承認・登録されました。これからも、モスグループ全体でより一層の障がい者雇用の促進を目指します。

働きやすい職場づくりのために

働き方改革への対応

「働き方改革」に伴う法改正に対応するために、メリハリのある働き方を進める施策に取り組んでいます。2019年度はテレワークの導入、フレックスタイム制度の拡大を行いました。特にテレワークに関しては、管理職から導入を開始し、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、育児・介護で時短勤務を行っているメンバー含めた一般職への導入を計画よりも前倒しで実施しました。今後も、働き方改革を進めることで、ワーク・ライフ・バランスを実現させることを目指しています。

健康経営の推進

モス本社では、健康診断の受診に加えて、保健師による「健康相談室」を開催し、健康的な生活を送るためのアドバイスなどを行っています。受動喫煙の防止および禁煙の推進による健康保持・増進を目指し、グループ会社を含めて2019年度に導入した「禁煙タイム」は社内ですっかり定着しました。また、健康を守ることを目的に開始した禁煙外来治療は、毎年新たに禁煙にチャレンジするメンバーも増え、健康に対する意識も着実に向上しています。2019年度は、本社、大阪事業所、株式会社エム・エイチ・エスのオフィス内に血圧計を設置しました。仕事の合間に、気軽に血圧の自己測定ができると、メンバーにも好評です。
こうした取り組みが評価され、経済産業省と日本健康会議により、モス本社が「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されました※。これからも、メンバーの健康に対する意識向上を目指して、各取り組みを進めていきます。
※ 健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

内部通報制度の運用

モスグループで働くメンバーが、違法行為や不正行為を発見した場合に通報する窓口として、内部通報制度「モスヘルプライン」を設けています。「モスヘルプライン」にはモスフードサービス本社内に設置している「内部窓口」と、契約弁護士事務所に設けられた「外部窓口」があります。

モスアカデミー

モスが永続的に発展していくために必要な「人材」の育成を強力に推進するため、モスバーガーチェーン全体の研修制度を体系化し、学び続ける企業風土の醸成を目指し、2015年に「モスアカデミー」を設立しました。モスアカデミーには大きく分けて、階層別研修(本部・直営店向けと加盟店向け)とモスゼミがあり、「モスの理念・歴史」「インナーコミュニケーションの強化」「成功事例」「業務標準化」などを学ぶことできます。最近では、店舗で活用できるWEBマニュアルや動画教育ツールも整備・充実させており、人が育つ環境づくりの支援にも取り組んでいます。