MOS BURGER MOS BURGER

地域社会・行政とともに

地域社会の一員として、地域に密着した社会貢献活動に積極的に取り組むとともに各地域の名物や特産品をモチーフにした地域密着型のメニュー開発にも取り組んでいます。

地域貢献のために

店舗主体の清掃活動(朝課)

店舗および本社では、近隣の清掃を行うように努めています。
創業当初から、開店前に近隣の道路を清掃することが日課でした。それは、地域への感謝と「お客さまが気持ちよくご来店できるように」という想いからでしたが、いつしか地域の方々からの信頼にもつながっていきました。この清掃活動(朝課)が経営理念「人間貢献・社会貢献」の原点になっています。

モスバーガーこども110番の店

こども110番の店に登録しています

子どもたちが危険に遭遇するなど、困ったことがあった時に安心して立ち寄れる拠点となる「モスバーガーこども110番の店」。各地域の警察署や自治体などと連携しながら全国で登録を進めており、地域の子どもたちの安全を見守っています。

災害時帰宅支援ステーション

災害時帰宅支援ステーション

大規模な災害が発生すると交通機関が運行を停止し、通勤・通学・買い物・行楽などで外出している人は、自宅が遠方で帰宅困難になったり、至急帰宅せざるを得なくなったりして、「帰宅困難者」となります。その方々を店舗において支援する役割を担うのが「災害時帰宅支援ステーション」です。
現在モスバーガー店舗では、全国の都道府県と順次締結を進めている「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」に基づき、水道水・トイレなどを提供するようにしています。

補助犬の同伴

補助犬の同伴が可能です

全国のモスバーガーおよびグループ店舗では、身体障害者補助犬法により盲導犬・介助犬・聴導犬の同伴ができます。

子育て支援パスポート事業

子育て支援パスポート事業

全国の自治体が実施している、地域ぐるみで子育てを応援する「子育て支援パスポート事業」に、モスの店舗も順次参加しています。

地域とのつながりのために

地域限定商品の販売

地域限定商品の販売

全国各地に店舗を持つ日本生まれのハンバーガーチェーンとして、モスでは日本の食材・食文化を大切にした商品開発を行っています。地域食材や地域にゆかりのある物を使用し、モス流にアレンジした商品を販売することで、地域の活性化を図り、お客さまに「日本のおいしさ」を味わっていただく機会としています。
2020年度は“まぜるシェイク 湘南ゴールド”を皮切りに8種類の“まぜるシェイク”を地域限定で販売しました。ほかにも、モスの協力農家で栽培された淡路島産の新たまねぎを使用した地域・期間限定のハンバーガーを販売する『淡路島産たまねぎ祭り』を開催。2016年に開始して以来、毎年開催しており、たまねぎが旬の季節に限られた地域で味わえる商品として、地元のお客さまに親しまれています。

MOSごと美術館

MOSごと美術館

モスグループでは、障がいのある方の社会参加支援を目的に、アート作品を活用する取り組みを行っています。障がいのある人もない人も、色とりどりなアート作品に触れて楽しんでいただだき、地域の方々との新たな交流やふれあいにつながることを目指しています。
個性豊かなアート作品がモスを通じて広がっていくこの取り組みを「MOSごと美術館」と呼んでいます。

  • ※「MOSごと美術館」は、障がいのある方の作品をモスバーガーの店舗に展示し、気軽に親しんでいただける機会を創出する取り組みとして、2016年から新潟県の「まちごと美術館cotocoto 」事業に賛同してスタートしました。

次世代育成のために

中高生の職場訪問受け入れ

モス本社では、中学生や高校生の職場訪問を受け入れています。2020年度は中学生の職場訪問をオンラインで受け入れ、参加した生徒にはモスのこだわりや働く姿勢、喜び、厳しさなどを伝えました。職場訪問の受け入れが、生徒たちにとって将来の夢や希望を考えるきっかけとなってくれることを期待しています。

「子ども食堂」への支援

「子ども食堂」への支援

自宅で一人で食事をとる子どもたちに「みんなで食べる楽しさや温かさを提供する」ことを目的とした「子ども食堂」の活動に賛同し、モス本社がある品川区内の子ども食堂26カ所にモスオリジナルのアルコール除菌剤「モスコールNV」を寄贈しています。また、食品衛生に関することや、食中毒・食品管理について理解を深め、運営に役立てていただくことを目的に、子ども食堂の運営者を対象とした株式会社エム・エイチ・エスによる衛生講習会を継続して実施しています。2020年度は一部リモート参加を取り入れながら開催しました。今後も、子どもたちが安心して食事をできるように継続的に支援を続けていきます。