MOS BURGER MOS BURGER

マテリアリティ3 働き方改革

モスグループでは2019年度から、全社横断テーマとして、「モス社員の幸せを実現するための働き方改革」を設定しています。モスでは、メンバーが健康にいきいきと働き続けられる企業であるために、これからも健康経営の各種取り組みを推進していきます。

SDGsへの貢献

環境認識とリスク・機会

環境認識

2019年4月より順次施行されている働き方改革関連法により、働き方への社会的要請が高まっています。特にコロナ影響を受け、テレワークなどの柔軟な働き方への対応が重要視されています。また、人材を最重要経営資源として捉え、外国人や障がい者を含めて多様性を尊重することや、健康経営の推進も重要です。一方で、日本は少子高齢化により労働人口が減少しており、人材不足や人件費の高騰が加速することが予測されます。

リスク・機会

リスク 機会
• 人材獲得競争の激化によるコスト上昇
• 健康経営対策の遅れによる労働生産性の低下
• メンバーエンゲージメントの低下
• 優秀な人材の流出による事業継続の困難化
• 教育機会がないことによる働きがいやモチベーションの低下
• 時代の変化に適した人事制度や職場環境の未整備による企業競争力の低下
• 健康経営の推進による企業イメージの向上及び人材獲得の推進
• メンバーエンゲージメントの強化
• 優秀な人材の確保による会社の持続的成長
• 教育機会の提供による働きがいや労働生産性、
モチベーションの向上
• 多様な人材の活躍による事業規模の拡大、イノベーションの創出

モスグループの取り組みとKPI(目指す姿)

健康経営

長時間労働の是正や連続休暇取得の推奨、就業時間中の喫煙禁止など、さまざまな健康経営への取り組みを推進しています。コロナ禍における心の健康管理としては、ストレスチェックを実施するとともに、メンタルケアの相談窓口を設置しています。2020年度は、健康経営に関わる各施策とテレワークを推進する一方で、メンバーがいきいき働ける職場づくりを目指し、パイロットオフィスを設置しました。今後はメンバーのヘルスリテラシーを高めるため、健康に関する教育研修を充実させていく計画です。

人材育成

モスで働くメンバーの一人ひとりが自分の夢を実現させてほしいという想いのもと、さまざまな教育・研修制度を充実させています。集合研修・通信教育・外部講習などの幅広い研修や教育活動を通じて、メンバーの成長を支えるとともに、活躍する人材の育成と定着を図っています。モス本社では、評価指標や等級制度を見直し、チャレンジの場にあふれた新人事制度を2020年度に運用開始しました。また、コロナ禍における店舗メンバーに対する学びの機会のサポートとして、「オンラインセミナー動画」の公開を開始しています。

多様性への対応

モスでは、本社・店舗において女性やシニア、外国人、障がい者など多様な人材の雇用を積極的に行っています。具体的には、育児・介護休業制度の充実や、特例子会社である株式会社モスシャインの活用など、個々の能力や事情に応じた活躍の場を提供することで、働きがいのある魅力ある職場づくりを推進しています。2020年度は、女性メンバーの育児休業からの復職率は100%となりました。今後はさらなる多様な人材活躍のため、ダイバーシティに関する教育啓発の充実を図り、男性メンバーの育児休業の取得率向上を目指していきます。