MOS BURGER MOS BURGER

CSR経営方針

モスグループにとって、CSRの取り組みは決して新しいことではなく、創業以来の経営理念や経営ビジョンを再確認し、それを当たり前のように徹底して取り組むことであり、いわば「古くて新しい」取り組みです。

また一方で、これまでの取り組みをCSRの観点で見直し、さまざまな取り組みに対する態勢を再構築することで、さらなる経営品質の向上・改善につなげることができるともいえます。

「凡事徹底」の心構えで、モスグループに求められる社会的要請を認識し、ステークホルダーのみなさま(お客さま、株主、お取引先、加盟店、地域社会、行政、環境、社員)に対する信頼づくりのコミュニケーションを推進することがモスグループが目指しているCSR経営です。

ステークホルダーへの基本方針

お客さま

常に、安全・安心・おいしさ・健康を考え、お客さまの幸せづくりに貢献する

株主

企業価値の向上によって長期的な発展をめざし、継続的な利益還元と積極的な情報公開を果たす

お取引先

お取り引き先と公平な取引を通じて安全な原材料を安定的に供給する体制を実現する

加盟店

信頼のパートナーとして加盟店の夢の実現に奉仕する

地域社会

地域社会との積極的な交流を通じ、地域の幸せづくりに奉仕する

行政

法令や健全な商習慣を守り、行政との友好なコミュニケーション関係を果たす

環境

地球環境保全活動に積極的に取り組み、循環型社会の実現をめざす

社員

従業員満足度(ES)の高い職場を実現する