MOS BURGER MOS BURGER

倫理憲章・企業行動基準

モスグループが事業活動を行う上で指針とする、倫理憲章・企業行動基準についてご紹介します。

倫理憲章

この憲章は、モスグループ各社とそのフランチャイジーが事業活動を行うに当たっての普遍的価値を定めるものです。モスグループは、この憲章がお客さまや私たちを取りまく社会に対する「約束」であることを常に忘れず、その精神とそこに掲げられている理念を誠実に実行いたします。

一、経営理念

①人間貢献

私たちは、働く一人ひとりの基本的人権を尊重し、それぞれの人格、個性を重んじながら、安全で健康的で快適な職場づくりを目指します。
そんな職場(お店)から生まれる真心のこもったサービスを通じて、人を幸せにします。

②社会貢献

私たちは、地域社会の一員であることを自覚し、常に社会的良識を備えた善良なコーポレートシチズン(企業市民)として行動します。
そして、社会(お客様)に真心と笑顔のサービスを提供し続けることによって、地域社会の発展に貢献します。

一、基本方針

私たちのお店は、
― お店全体が善意に満ちあふれ、誰に接しても親切で優しく明るく朗らかで、キビキビした行動、清潔な店と人柄、そういうお店でありたい。
「心のやすらぎ」「ほのぼのとした暖かさ」を感じていただくために努力しよう。―
という創業の精神を遵守します。

一、法令遵守

私たちは、あらゆる法令、社会規範、ルールを遵守しながら、誠実で公正な営業活動を実践するとともに、特に食品の安全に関する法令は厳格に遵守し、安全・安心な商品をお客さまに提供し続けることによって、お客さまの期待と信頼にお応えすることを誓います。

一、社会との対話

私たちは、自由で闊達な風土を尊重し、よい情報も悪い情報も素早く的確に伝達することによって、健全な職場にします。
そして、正確な情報を的確迅速に公表するとともに、社会に対する説明責任を全うし、社会との対話を大切にします。

一、環境保全活動への取り組み

私たちは、環境保全活動に積極的に取り組み、循環型社会の実現と社会の持続的発展に向けて行動してまいります。

モスグループ企業行動基準

「倫理憲章」の精神と理念を実現するために取るべき日々の行動を定めたものが、「モスグループ企業行動基準」です。
モスグループでは、一人ひとりが自ら職場の問題に気付き、それを未然に防止し、早期に解決していくこと、それがCSR経営であると考えます。
私たちは、グループ全体に真の意味で企業風土として根付くよう、自主的に考え、率先して各自が行動してまいります。

PDFファイルをご覧頂くには、プラグイン Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらをクリックしてください。