MOS BURGER MOS BURGER

環境マネジメントシステム

モスオリジナル環境マーク

私たちは環境保全活動に積極的に取り組み、循環型社会の実現と社会の持続的発展に向けて、行動してまいります。

モスバーガーチェーンは、2004年3月にISO14001を認証取得しました。
環境への配慮を表すためオリジナルマークを作成しました。

モスグループ 環境方針

事業活動がもつ環境影響を認識して、積極的に環境活動に取り組むことを目指し、「環境方針」を定めています。2007年5月には、国内連結子会社への環境マネジメントシステム拡大に向け、「モスグループ環境方針」として改訂し、地球温暖化抑止策に取り組むことを明示しました。

基本理念

私たちは「食を通じて人を幸せにすること」という経営ビジョンのもと、「おいしさ」「安全」「安心」「健康」という考えを経営の中心に据え、「人間貢献・社会貢献」のため、環境保全活動に積極的に取り組み、循環型社会の実現と社会の持続的発展に向けて、行動してまいります。

環境行動指針

私たちは、フードサービス事業の推進において、事業活動がもつ環境影響を認識して、以下の環境行動指針を定め活動します。

  1. 私たちは、事業活動に関連する法規制および受け入れを決めたその他要求事項等を守り、汚染の予防を図ります。
  2. 私たちは、持続可能な社会を次の世代に残すため、事業活動全体において地球温暖化抑止策に以下のとおり取り組みます。
    1. 省エネルギーと資源の有効利用活動「3R-リデュース(削減)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)」を推進します。
    2. 環境に配慮したお店づくり、商品づくり、および物流体制を推進します。
    3. 使用する備品や資材などのグリーン購入を積極的に推進します。
  3. 私たちは、モスグループで働く全員と事業活動を支える人々の環境に関する意識向上のために、環境教育・訓練および啓発活動を進めます。
  4. 私たちは、社会の役に立つ存在であり続けるため、地域社会と連携し、環境保全と啓発に努めます。
  5. 私たちは、毎年度、環境目的および目標を設定し、見直しを行い、環境負荷低減に努めます。
  6. 私たちは、環境方針ならびに環境マネジメントシステムの継続的改善の進捗状況を公開し、積極的に外部とのコミュニケーションをおこないます。

2016年6月28日改訂

モスグループ 中期環境行動計画(2016年度~2018年度)

環境方針の「具現化」と、全社・全店・各部門での積極的な活動を進めるため、中期環境行動計画を策定しました。

1. グループ全体の環境マネジメントシステムの充実

  1. 環境マネジメントシステム全体を再点検し、業務改善を図ります。
  2. 本部機能を最大限に活用し、チェーン全体の環境影響改善に努めます。

2. 環境目標数値

  1. エネルギー使用量 毎年前年比1%削減(売上100万円あたり)
  2. 食品リサイクル 再生利用等実施率 48.5%

モスバーガー グリーン調達ガイドライン

モスバーガーでは、より環境に配慮した食材・資材を調達・購入する『グリーン調達』にチェーン全体で積極的に取り組んでいきます。

基本原則

  1. 「おいしさ」「安心」「安全」「健康」という考えを大切にします。
  2. 必要なものを必要なときに必要な分だけ調達する努力をします。
  3. 原材料や資材の調達から廃棄までの地球への影響を考えます。
  4. 環境活動に積極的に取り組んでいる事業者から購入します。

環境マネジメント体制

社長を最高責任者とする体制のもと、推進しています。対象は株式会社モスフードサービス及びモスバーガーチェーン店舗からスタートし、2009年度より連結子会社各社と、関連する店舗に拡大しています。株式会社モスフードサービス各部門と連結子会社から1名ずつ「環境管理責任者」と「エコリーダー」を選出し、「エコリーダー」は、部門長とともにISO14001及び環境マネジメントの維持向上を担当します。

拡大する

内部環境監査

環境マネジメントシステムがPDCAに基づいて適正に運用されているかをチェックするため、年1回、内部環境監査を実施しています。
なるべく多くの社員が関わることを目指し、2015年度は30名を新たに加えた341名が内部監査員となりました。

内部監査実施概要(2015年度)

実施期間 対象部門・会社 対象店舗
2015年9月1日~
2015年12月31日
38
(統括環境管理責任者、ISO事務局含む)
1,404店舗