MOS BURGER MOS BURGER

沿革(2020年〜)

2020年

2月 フィリピンのモスバーガー1号店がケソン市(マニラ首都圏)にオープン
3月 原材料に動物性食材や五葷を使わず、野菜と穀物を主原料に使ったハンバーガー「MOS PLANT-BASED GREEN BUGER<グリーンバーガー>」を、東京、神奈川の計9店舗で販売
5月 新型コロナウイルス感染症の影響による飲食店向け野菜の出荷急減に対応
“モスの協力農家”が生産する野菜の販売支援として「農家さんお助け!野菜セット」をネット販売
6月 農業生産法人モスファーム広島を設立(広島県)
8月 国際カードブランドのタッチ決済サービスの導入を開始
8月 With コロナ時代に対応したテイクアウト専門店「ヨークフーズ新宿富久町店」オープン(東京都)
8月 埼玉県のいちご農家を支援 「まぜるシェイク 埼玉県産いちご」を県内限定販売
10月 新潟県の「まちごと美術館cotocoto」事業に賛同し「MOSごと美術館2020」オンライン開催
10月 「d払い」「au PAY」「PayPay」のバーコード決済の取り扱い開始
12月 日本の銘酒「獺祭」と初コラボ「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」を期間限定発売

2021年

2月 「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」をエリア・店舗限定で発売
3月 サステナビリティ経営の実現に向けた方針を策定
4月 総額表示への変更と価格改定
4月 非接触型の新たな「モスの食育プログラム」の提供開始
5月 新型コロナウイルスの影響で出荷量減少漁協を支援
「日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ<愛媛県愛南町>」を数量限定発売
7月 自走式分身ロボット「Orihime Poter」を大崎店にて平日期間限定実験導入
7月 医療従事者の方に敬意と感謝を込めて、全国の赤十字病院へ「ありがとうブルーチケット」を進呈