MOS BURGER MOS BURGER

沿革(2000年~2009年)

2000年

9月 「モスの生野菜」が社団法人日本フードサービス協会のJF認証を取得

2001年

11月 アレルギー情報をホームページに開示

2003年

8月 “ニッポンのバーガー匠味(たくみ)”新発売

2004年

6月 “モスの菜摘”シリーズ発売開始
8月 初の環境報告書(のちの「モスのコミュニケーションレポート」)発刊

2005年

4月 四季の旬菜料理あえんのビュッフェスタイル店「AEN(あえん) TABLE(テーブル)ユニバーサル・シティウォーク大阪™店」オープン
6月 社会・環境報告書2005 発行
7月 POSレジ(P5)によるアレルギー情報などの提供開始
11月 原産地情報の表示を開始

2006年

1月 全国の「こども110番の店」登録店舗(1217店、2005年11月末現在)で「モスバーガーこども110番のホイッスル」を無料配布
2月 農業生産法人モスファームサングレイスを設立(静岡県、群馬県)
4月 デリバリーシステム「お届けサービス」実施店舗を拡大

POSレジ(P5)による栄養成分情報の提供を開始

健康志向に配慮したフライオイルを全店で使用開始

6月 CSRレポート2006 発行
8月 “モスのごはん”シリーズ販売開始
10月 香港のモスバーガー1号店がクントン地区にオープン

2007年

2月 生鮮野菜の食材配送システムに関し「エコリーフ環境ラベル」の認証を取得
3月 タイのモスバーガー1号店がバンコクにオープン
6月 モスのコミュニケーションレポート2007 発行
9月 モスフードサービス本社 東京都品川区大崎へ移転

2008年

2月 株式会社ダスキンと資本・業務提携契約を締結
7月 ミスタードーナツと、共同プロモーション「MOSDO!」第1弾を展開
12月 インドネシアのモスバーガー1号店がジャカルタにオープン

国産肉100%使用"とびきりハンバーグサンド" 新発売