MOS BURGER MOS BURGER

モスのパートナーシップ(サポート)

本部との絆

本部との絆

モスバーガーチェーンの経営に参加する方々は、フランチャイズ契約などで決められたルールを守っていただかなくてはなりません。
本部と加盟店のお互いが、同じ目標のもとで役割を分担し、それぞれの責任をきちんと果たす。それが、お店の成功させるひとつの方法だからです。

本部と加盟店、それぞれの役割

本部と加盟店、それぞれの役割

拡大する

モスのチェーンでは、本部と加盟店のそれぞれの役割がはっきり分担されています。
本部は、経営ノウハウ、商品の開発やシステム整備、物流・データ管理や店舗指導など、加盟店が単独で行うには困難な仕事を一手に引き受けます。
そして加盟店は、このシステムを正しく、積極的に利用していく必要があります。

このように、お互いの役割や責務をきちんと理解しあい、「お客さまに満足していただく」というひとつの目標に向かって進んでいく。そんなパートナーシップがモス本部と加盟店の「絆」を作っていくのです。

専門スタッフがお店をサポート

お店を成功に導くためには、さまざまな分野の専門的な知識、考え方が必要になります。

モスバーガーでは、加盟された方が安心して事業に取り組み、成功することができるよう、本部のそれぞれのセクションの専門のスタッフが指導にあたっています。

お客さまに喜んでいただくために、そしてモスバーガーの一店一店がよりレベルアップしていくため、私たちは常に新しい情報を収集し、経営の改善に取り組んでいます。

このように、本部は全社をあげて加盟店のための指導、教育を継続しています。
この中心になり活躍しているのが、スーパーバイザーです。

スーパーバイザーは、担当する店舗を定期的に巡回訪問し、加盟店のその時々の状態にあった適切なアドバイスや指導を行います。

また、その情報を活用することによって、加盟店は経営力を高めていくことができるのです。

加盟店同士の絆を強める、共栄会

モスの経営ビジョンである「食を通じて人を幸せにすること」を達成するには、「人の成長」が欠かせません。そして「人の成長」には「他者との絆」が必要です。

モスバーガーはこうした信頼関係づくりを“フランチャイズ・ボランタリー・チェーン(FVC)”という考え方のもと、全国12支部における「共栄会活動」として実践しています。

ここでは各支部に加盟する店舗のオーナーや店長同士が、商品やサービスをチェックしあったり、勉強会などを通じて情報や意見を交換し、すぐれたお店からアドバイスを受けたりしながら、お店同士の「絆」をより強いものにしています。

また、「共栄会」は各支部ごとの活動にとどまらず、「全国大会」も開催しています。取引先やモス本部の社員も参加し、優秀な活動や成績を収めた支部を表彰したり、外部講師による講演、商品開発秘話の発表などが行われます。

このように「絆」はさまざまな形で全国に実を結んでいくのです。