MOS BURGER MOS BURGER

IRポリシー

1. 基本方針について

当社は、「誠実」・「公平」・「適時」な情報提供により、株主・投資家の皆様に対する説明責任を全うするとともに、株主・投資家の皆様との対話を通じた信頼関係の構築を最も重要な事項であると認識し、企業価値の向上・積極的な情報開示・コミュニケーションの充実に努めてまいります。

2. 開示する情報の内容について

金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報の開示に努めるほか、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報(月次情報【モスバーガー既存店および全店前年対比実績】など)につきましても、適時かつ積極的な情報開示に努めます。

3. 情報を開示する方法について

東京証券取引所の定める適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所が提供している適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開し、TDnetにて公開した情報は、当社ウェブサイトに速やかに掲載いたします。また、証券アナリスト向け説明会、株主・投資家様向け説明会や印刷物などを活用し、分かりやすい情報開示を行ってまいります。さらに、東京証券取引所の定める適時開示規則に該当しない情報につきましても、当社ウェブサイト「IR情報」に掲載する等の方法により、「誠実」・「公平」・「適時」な情報開示に努めます。(ただし、技術的な問題によって開示する時期が遅れる場合もありますので、あらかじめご了承ください。)

4. 業績予想および将来の予想について

当ウェブサイトに掲載している情報のうち、過去または現在の事実に関するもの以外は、現在入手可能な情報に基づく当社の将来の見通し・計画・戦略等であり、経済動向、市場需要、為替レート、税制や諸制度の変更等に関わるリスクや不確実な要素を含んでいます。従って、将来、実際に公表される業績等はこれらの種々の要素によって変動する可能性がありうることをご承知おきください。

5. 沈黙期間(IR活動自粛期間)について

当社は、公平性の確保と決算情報の漏洩を防ぐために、各決算期日(含四半期)の2週間前から当該決算の発表日までの間を「沈黙期間」といたします。この期間中は、業績に関する回答やコメントを差し控えさせていただきます。ただし、この沈黙期間中に従来の業績予想から大きく乖離する見込み(売上高で10%以上、経常利益または純利益で30%以上など)となった場合には、東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、情報を開示してまいります。

情報開示に対するフロー図

PDFファイルをご覧頂くには、プラグイン Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらをクリックしてください。